マウスピース矯正の精密検査は何するの?

キービジュアル

マウスピース矯正の精密検査は何するの?

2021年07月12日

こんにちは、秋葉原リヨンドール歯列矯正歯科クリニックです。

今回は前回の『マウスピース矯正の流れ』にでてきた、精密検査について詳しくお話していきたいと思います。

 

矯正治療の精密検査って?

 

 

矯正治療はワイヤー、マウスピースなどの治療法は関係なしに、治療計画を立てるための事前の精密な検査が必要です。
中には「マウスピース矯正だから最低限の資料だけをとる」というスタイルもあるのが現実ですが、マウスピース矯正だからといって治療前の検査を簡潔にするというのはあまりよい選択とは言えません。
当院はマウスピース矯正専門のクリニックですが、基本的にはワイヤー矯正の精密検査と同じ内容を行っています。
では、矯正治療の際に行う精密検査とは、どのような検査内容でしょうか?当院で行っている精密検査をもとに、内容を詳しくお話していきたいと思います。

 

●口腔内写真

 

一般歯科ではお口のお写真を撮影する機会があまりないかと思いますが、矯正歯科では検査の時だけでなく、通院時に必ず撮影を行います。診断の材料にするだけでなく、変化の記録としても口腔内写真は重要な資料になります。患者様へのご説明の際にもわかりやすい媒体であるため、正確な写真を5枚ほど撮影します。

上下の歯を撮影する際には大きなミラーが入ります。患者様の負担が少なくなるよう手早く撮影しますので、ご安心ください。

 

 

 

●顔写真

 

矯正はお口の中だけでなく、顔貌にも変化が起こります。その変化の記録と診断のため、お顔のお写真も撮影しております。当院では、より正確な診断と治療計画の立案のため、6種類の顔写真を撮影します。
矯正期間中にご自身の顔についての変化を自覚される方はあまりいらっしゃいませんが、治療後に見比べて「横顔のラインがすっきりした」「笑った時に見える歯のラインがきれいになった」と感じる方も少なくありません。

 

●レントゲン撮影(CT)

 

矯正治療は写真や歯型のような表面的な資料だけでは、正確な治療が見込めません。そのため、歯の根っこや歯を支える骨が確認できる、レントゲンの撮影が欠かせません。
従来の精密検査では、数種類の撮影法をそれぞれ分けて撮影する必要がありましたが、CT撮影を利用することで一回のみの撮影で済ませることができるようになりました。

 

また、撮影時間も10秒未満の少ない時間で撮影が可能ですので、撮影する患者様の負担も少なくなります。通常のレントゲン撮影が一枚絵だとすると、CT撮影は立体のフィギュアのようなイメージです。360度から歯や骨の状態を確認することができ、このデータにより精密な矯正治療へと繋がります。

 

●口腔内スキャン

 

口腔内スキャナー

 

当院のブログでも度々ご紹介するこの口腔内スキャンですが、このスキャンはマウスピースを作成するだけでなく、精密検査の歯型とりにも使用されます。

通常の歯型取りは、粘土のような材料で行います。ただ、この方法は

 

  • ・気持ち悪くなりやすい
  • ・取った歯型が変形を起こしやすい
  • ・模型をデータにするのは時間がかかる

 

などのデメリットがありました、しかし、この口腔内スキャンでは、上記のデメリットが解消でき、より精密で気持ち悪さのない歯型取りが可能となります。

 

「嘔吐反射」と呼ばれる気持ち悪くなりやすい方でも、比較的楽に歯型を取ることができますよ。「歯型取りが苦手だけどどんな感じか知りたい…」という方は、無料カウンセリングの際に口腔内スキャンをお試しいただけますので、お気軽にお声がけください。

 

実際の様子は下記動画にてご確認くださいね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回お話した精密検査は、矯正治療を行う上で欠かすことのできないものです。

無料カウンセリングでは、実際の撮影器具や撮影資料をお見せしてさらに詳しくお話いたします。マウスピース矯正をご検討中の方は、ぜひご相談くださいね。

 

矯正治療の症例のご紹介

詳細はこちら

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
電話番号
0120-78-1313
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3丁目29-2

このページの先頭に戻る