歯科矯正で「ガミースマイル」治療?

キービジュアル

歯科矯正で「ガミースマイル」治療?

2021年08月3日

ガミースマイルは、数ある口元の特徴のひとつです。今回はそんな『ガミースマイル』について、お話していきたいと思います。

 

 

ガミースマイルとは?

 

 

ガミースマイル

 

 

 

ガミースマイルとは、笑った時に上の歯の歯ぐき(gummy)が過剰に見えることを言います

ガミースマイルは決して珍しいものではなく、多くの人は大きく笑うと上の画像のようになるのが一般的です。

 

また、ガミースマイルは機能的な問題はなく、芸能人の方にも多い特徴のひとつですが、ガミースマイルをコンプレックスに思う方も多いのが現実です。

 

なぜ?ガミースマイルの原因は?

 

原因は様々あり、大きく分けて3種類になります。

 

①骨が大きい&歯並び

 

これは骨格的な問題です。骨が縦に長かったり、骨が前に出っ張っていると、ガミースマイルの原因となり得ます。

また、歯並びが悪く、本来の歯の位置よりずれている場合にも、歯ぐきが多く見えてしまうことがあります。

 

②唇の筋肉が強い

 

唇の筋肉(上唇挙上筋肉)が強いと、唇が過剰に引き上げられることで、歯ぐきが見えやすくなります。

このことから唇の筋肉が過剰な場合も、ガミースマイルに関係している原因であるといえます。

 

③歯ぐきが大きい

 

歯ぐきが歯に大きくかぶさっている場合や、もともとの歯ぐきが大きく発達している場合には、歯ぐきの領域が大きくなり、笑った時に歯ぐきが見えやすくなります。

 

 

歯が小さいことと関係はある?

 

歯が小さいことで歯ぐきの領域が広くなり、ガミースマイルに見えやすくなることはあります。

 

ただし、歯が小さいことが必ずしもガミースマイルに見えるという事に繋がるという事ではありません。

気になる方は自己判断はせず、一度相談するのがよいでしょう。

 

 

遺伝?

 

『遺伝はあり得るか?』という事については、原因①の骨が大きいに関してはあり得るといえるでしょう。

骨格や歯並びは遺伝することがあり、ガミースマイルの原因が骨格的な問題であれば、「遺伝」という関係性も決して否定はできません。

 

 

ガミースマイルの治療法は?

 

ガミースマイルを本格的に治療するとなると、

 

  • ・歯科矯正
  • ・セラミック矯正
  • ・外科手術
  • ・ボトックス注射
  • ・その他外科治療(歯肉整形・粘膜切除) 等…

 

が挙げられるでしょう。

 

原因が分からなければ、適した治療法はこれと断定することはできません。

 

例えばセラミック矯正は健康な歯を削り、セラミックの被せものをかぶせる治療です。厳密にいうと、矯正ではなく補綴(ほてつ)治療です。また、セラミック矯正では、理想とする歯並びによっては、神経を抜くことも少なくありません。

これだけのことをしても、原因が骨格的なものであれば、ガミースマイルの改善は難しいのです。

 

 

ガミースマイルは矯正治療で治る?

 

矯正治療でも治る場合、治らない場合があります。

歯並びからくるガミースマイルは、矯正治療を行うことで改善が見込めますが、そもそも土台の骨が原因である場合には、歯を綺麗に並べたとしても大きな変化は期待できないでしょう。

 

また、表側のワイヤー矯正では、矯正用のインプラント(アンカースクリュー)を使用して、歯を沈める(圧下する)治療を行うこともありますが、劇的な変化が期待できないこともあります。

このように、ひとりひとり適した治療は異なりますので、まずは現状を把握するためにも相談等に行くのがおすすめです。

 

 

ガミースマイルの手術って?

 

外科手術は、所謂ルフォーなどの骨切り手術が主になります効果が確実で、ダウンタイムはあれど短期間での治療が可能となりますが、セットバックなどと同様に、オペによる後遺症が残る場合もあります。顎の骨は上下ともに多くの神経が通っているため、オペ中に傷ついてしまうと、「麻痺」や「痺れ」などが後遺症として残ることもあるという事は、リスクとして考えておくべき点です。

 

 

 

ガミースマイルの矯正期間は長い?

 

ガミースマイルを治すための矯正期間は、通常の矯正治療期間と変わりはありません。ただ、ガミースマイルは上顎前突(出っ歯)の方に多いといわれています。

出っ歯の方は、歯を綺麗に並ばせるスペースが不十分なため、抜歯をして治療することも多くあります。そのため、抜歯を伴う治療の場合、抜歯をしないケースよりも治療期間が少し長くなってしまうこともあります。

 

当院では、加速装置の使用と治療計画により、矯正期間は

 

抜歯あり→2年半

抜歯なし→2年以内

 

が目安となっています。マウスピース矯正では患者様の協力が必要不可欠ですが、しっかりと使用していただければその分早く治療を終えることができます。

マウスピース矯正で歯並びの不正からくるガミースマイルを治したい、という方はお気軽にご相談くださいね。

 

 

保険適用になる?

 

基本的には、保険適用にはならず「全額自費負担」となるでしょう。ただし、骨格的な問題として問題がある場合には、『顎変形症』と診断される事があります。

その場合には外科手術と矯正費用が保険適用となりますが、使用する装置は「表側ワイヤーのみ」となります。

 

 

 

 

ガミースマイルはマウスピース矯正で治る?

 

 

歯並び由来のガミースマイルであれば、マウスピース矯正でも改善の見込みはあります。マウスピース矯正では歯が引っ込まないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、緻密な治療計画であればガミースマイルだけでなく、Eラインの改善等も可能です。

 

当院では抜歯を伴うマウスピース矯正症例も、数多く手掛けております。マウスピース矯正だけでなく、ワイヤーを含む矯正歯科に長けた歯科医師による計画のもと行われる治療ですので、安心してお任せください。

歯並びが原因のガミースマイルでお悩みの方は、一度カウンセリングにてご相談ください。

矯正治療の症例のご紹介

詳細はこちら

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
電話番号
0120-78-1313
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3丁目29-2

このページの先頭に戻る